HOME > スポンサー広告 > 無茶と苦茶の合わせ技HOME > 雑記 > 無茶と苦茶の合わせ技

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無茶と苦茶の合わせ技

編集作業とドラムのコンボで胃がキリキリしております。どうも、Luck(一)で御座います。

yukijiが明記していた通り、今再びの曲再録作業をしました。
9割程度完成した感じを見ていると、前回よりはかなり上達したのではないかなと思います。

yukijiが上手い事は明明白白の桃白白だったのですが、私の「ベース技術(笑)」が 「ベース技術 笑」くらいになりました。括弧がとれただけでも大分進歩したのではないかと思います(笑)

リズムに関しての甘さ的な物は、二人の間でよく交わされるのでそこの向上は大きいと思います。割とBPMが弾き辛いものだったのにもかかわらず、編集段階でほぼ無編集でいける部分は多かったので、そこは本当に助かりました。まだ全部は終わってませんが、この勢いのまま終わ・・・・・・ればいいなぁ。

まだ、課題としてドラムがあるので、本職頑張ります。


次いで歌詞について。

今回収録したものに関しては、頼まれているものでもともとインストを予定していた為、今回は歌詞なし。
つまり、今後僕たちがオリジナルでやっていく曲の歌詞についてです。

自分も、色々言葉の断片は思いつくものの、それを完全に流れのある歌詞としてyukijiが作ってきてくれたのは、ただただ感服です。

本人の中では、作ってくるのはもしかしたら当たり前の事だとおもっているかもしれませんが(課題としてお願いしたので)、それが中々出来ないのが人間だったりしますからね。学生時代、何度となく宿題すっぽかしたやら。。。

今回は後先にはなりますが、yukijiが歌詞を考えてくれましたが、今後は自分も先に考えて行こうと思っております。
また、この歌詞については他のバンドさんやらに比べて強みもありますので。

「強み」というのは、僕らが二人組のバンドかとしての活動をしている事です。
ボーカルが歌詞を書いて、それを当て込むというのはよくある形式だと思いますが、僕らはボーカル不在です。
そして、この二人組という形式は、神輿の片棒を一人ずつで担いでいる状態なので、絶対に「歌詞」というものは無視できない、無頓着であってはならない問題なのです。

だからこそ、お互いのその曲に対する意識・価値観は共有していかなければならない重要な問題の一つなのです。
4人編成のバンドならば、誰かが折れる、意見を翻すこともあるでしょう。そうじゃなければならない場面もきっとあるでしょう。

そこを曲げない。二人で戦い抜きたいと思ってます。ある種、日本人らしくない物言いでぶつかっていきたいと思ってます。

それだけ言うのだからこそ、早く自分の中で思っている事を早く歌詞として表していきたいです。今、yukijiとぶつかったら赤ペン先生と生徒の様な関係性の、ただの添削でしかないですので。

早く、ダブル赤ペン先生になれるように頑張ります。。。







コメント

非公開コメント

告知
参加イベント

「コミックマーケット90」参加決定しました!
  2016年8月14日(日)
  イベント詳細

「M3-2016春」無事終了しました
  2016年4月24日(日)
  イベント詳細
  イベント後記


制作CD

初夏の待ち合わせ (¥500)
 初夏の待ち合わせ

無料配布CD

プロフィール

navy plug town

音楽同人サークル「navy plug town」の活動ブログです!

メンバーのLuck(一)とyukijiが交互に書いてこうと思っております!



Twitter...
カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
同人サークルMemory Lineさん




当サークルバナー
NPT_banner_1

  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。